ケータイ小説 野いちご

黒い蝶

1章
2___





暗い夜道を、並んで歩く。


俺が滞在している宿に着くまで、
他愛のない話を沢山した。






斎藤「そういえば、お前の名前はなんだ?」


?「あ…自己紹介してませんでしたね。僕の名前は紫羽(シウ)です。」







< 16/ 427 >