ケータイ小説 野いちご

黒い蝶

3章
8___





僕の一族が滅んだあの日。





それと同時に僕は死んだことになっている。











だから戸籍もない。




そして、同時に“オンナ”も捨てた。







< 109/ 427 >