ケータイ小説 野いちご

紫桜姫〜新撰組と紫音の力〜

第一章
新撰組


過去の人間ということがわかった紫音は7人へ言った。

紫「…お前らが何者なのかはなんとなくわかった。状況は後で説明するから、今は俺についてこい。」

紫音が命令口調で言うと、一番背が低い女顔の男が怒鳴った。

藤「な、なんでお前に命令されなきゃいけねぇんだよ!」

抵抗するのは予想できていたが、大声は勘弁してほしい。

紫音は呆れた目で男を見た。

紫「だったらどうするつもりだ?気づいているかはわからないが、ここはお前らがいた場所じゃない。状況は後で説明すると言ったはずだ。俺について来たほうが利口だと思うが?」

< 38/ 208 >