ケータイ小説 野いちご

紫桜姫〜新撰組と紫音の力〜

序章


20xx年、4月ー

女「きゃああああ!紫音様〜!!」

青空が広がる中、女子の声が響き渡った。

そこには、大学の前で待ち構えていた大勢の女子とその中心にいる黒髪の女子。

それだけかと思いきや、遠くからは男子が顔を少し赤く染めて、その集団を見ていた。

< 3/ 208 >