ケータイ小説 野いちご

「ロンッ・・・」

私の声が静まりかえっていた部屋に響き渡った。


「・・・・うそだろ、ちょっちょっと待ってくれ!うわぁああ・・・」


私がアガったのと同時に、向かい側に座っていた相手は隣の部屋に連れていかれた。



「や・・・やめてくれ!うわああ、グエッ・・・うっ・・・」

隣の部屋からは悲惨な音が聞こえてくる。



「皐、全部は渡せねえから・・・小遣い代わりな?」

パサッ

兄貴は私の手に封筒をおいた。

その封筒の中を確認する。

10万ちょっと・・・


「さぁ・・・もう寝な・・・?」

「うん。ありがとう」

私は一言そう言って部屋を出て行った。



私の名前は、皐(さつき)。

本当の名前ではない・・・

兄貴がつけてくれた名前。

私は6年前両親に捨てられた。

その時、睡眠薬で眠らせられていたから何も覚えていない。

起きた時、私は夜のネオン街にいた。

ヤクザが私を囲んでいた。

私は何が起きたかも分からずに無我夢中で逃げた。

怖かった。お母さんはどこ?お父さんはどこ?

いくら探してもいない。

いるのは厚化粧した風俗女、ロン毛の男、酔っ払いばかり。

この時は恐怖以外の何者でもなかった。

でも、いくらなんでも大人の足にはかなわない・・・

後ろから追いかけてきたヤクザ達に捕まった。

その後事務所に連れて行かれいろいろな事を聞かれた。

怖かったから全部話したと思う。


「ここに居ないか?」

組長が私に言った。

すごくやさしそうな笑顔で言ってくれた。

私はなぜか嬉しくて

「うんっ」

頷いた。

すぐにお母さんとお父さんに会えると思ったからだろう。


< 1/ 8 >