ケータイ小説 野いちご

【完】追っかけボーイとクールガール

第六話
コーヒーカップ

レストランで次に乗る物を決めはじめた






「じゃあ、次は何に乗る?」






翔が聞くと光が即答した





「ジェットコースターがいい」





「光・・・ジェットコースター乗ったことあるの?」







「無いから乗ってみたいの」







「そ、そうなんだ・・・」






< 59/ 345 >