ケータイ小説 野いちご

【完】追っかけボーイとクールガール

第五話
到着

そして、1時間ほど歩いて遊園地に着いた






「着いた~!」





「なぁ、翔・・・聞きたいんだけど」






「なんだ?」





「何でバスじゃダメなんだよ?」






「あぁ、ちょっと来い」





そう言うと翔は光から少し離れた





< 49/ 345 >