ケータイ小説 野いちご

【完】追っかけボーイとクールガール

第五話

土曜日になり、光の家の電話が鳴った





「もしもし?阪本ですけど?」





「光!?」





「翔か、私以外誰が出ると思ってるの?」






「そ、そうだな、それよりも遊ぼうぜ!」






「翔、病気は治ったの?」





「おぉ!もう全回復だ!」






「そっか、良かったね、じゃあ・・・・」





< 43/ 345 >