ケータイ小説 野いちご

【完】追っかけボーイとクールガール

第三話
好きになれて....

「ってなことがあったんだ、あの時俺は光をかっこいいと思って、憧れて、そして好きになった!」





「それだけで・・・・」





「まぁね」





「はぁ、もういいよ・・・用がすんだらもう帰れば?」





「あぁ、そうだな、今日はありがとう!」





< 32/ 345 >