ケータイ小説 野いちご

乙女桜〜誠の武士〜

第一章
仲間




土「………ひでぇことしちまったな。」

幹部達が集まる部屋では、
陽凪についての話し合いが行われていた

━━━ 俺としたことが…
あいつを女と見抜けなかった。
しかも、長州の間者でもねぇのに
あんなひでぇ拷問までして、
あいつの体にも心にもでっけぇ傷を
つくっちまった。
…サイテーだな、おれ。


流石の土方もうつむいていた。
そのとき山崎が戻ってきた。

山「副長、ただいま戻りました。」

土「ご苦労。で、何かわかったか。」

聞かれた山崎は迷っていた。
土方の命で陽凪について探った山崎は
陽凪の壮絶な過去を知った。
しかし、この沈んだ空気を感じ
山崎はこの事実を言ったら、
ますます重い空気になると思った。
今言うべきか…秘密にしておくか…

土「…崎!……山崎っ!」

山「…!!副長、すみません…。
…なにも…わかりませんでした。」

あれこれ考えていた山崎は、
土方に呼ばれ、あわてて知らないと
言ってしまった。





< 44/ 95 >