ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

蝶姫×黒擂Ⅰ

2.蝶姫
新たな気持ち

それから光さんのところへ行き
さっきの話をして、自分の気持ち、迷い等を話した



光さんは

「アイツらなら大丈夫だ
この俺が言うんだから間違いない

だが、結局は華羅たちが決めること
まぁ蝶姫の奴等はお前がどういう答えを出そうが反対はしねぇだろう

ゆっくり仲良くなればいい
んな悩むこたねぇよ」


と、私の頭をポンポンと撫でた


光さんでもたまには良いこと言うんだね
そう思ったが言うと怒られるから止めた











< 68/ 416 >