ケータイ小説 野いちご

溺愛ご主人様っ!

ドキッ☆ レンSIDE




【*レンSIDE】





う……わ……




「どうですか、レン様」


「……………」


「………レン様?」


「えっ?あ…悪い。榊間さん、
もう持ち場に戻ってもらって大丈夫です。」


「……かしこまりました。」



榊間さんはペコッと会釈すると、
更衣室代わりのこの部屋を出ていった。


おかげで、この部屋には
俺とこの女だけになった。



顔を真っ赤にして、スカートの裾を引っ張っている、今朝の下着おん…じゃなくて桜井。


でも、その単純な仕草が、





…………可愛いと思った…。





< 70/ 374 >