ケータイ小説 野いちご

溺愛ご主人様っ!

今日からメイド!……メイド!?

















「………あたしはもうダメだ…。」


「へぇ、みゆ、災難ね」



教室に行って、
アキにとりあえず簡単に事情説明したら、


こんなにサラッと言われた。



「他人事だと思ってぇ……」



あたしからしたら一大事やで!?


ていうかせめてお金があれば…




「うー…
春休みに短期バイトで稼いだお金がぁ~!」


「財布にいくら入ってたのよ?」


「6万稼いで、
この3ヶ月、昼食200円で済ませてたから…
………3、4万くらいは入ってた。」


「3、4万ねぇ…」



お金があったら、


安い宿……ってそんなのこの辺にないか。



でも3、4万じゃ……なぁ。


『一生』もは食っていけねーや。





< 20/ 374 >