ケータイ小説 野いちご

策士な保健医~恋の速度はAndante~

♪第1楽章 出会いの春
♯ 第1小節 お隣さんは“嫌な奴”

【美桜 Side】



私、春川 美桜(はるかわ みお)はあと1週間で高校生になる。


家から歩いて20分ぐらいの所にある、私立白浜学院高校に通う事になった。
通学は20分ぐらいだし、“【歩き】でいいかな”なんて思う。

場所は東京都内にあって、基本的には頭の良い子が多い男女共学の進学校。
でも部活にも力を入れてる学校だから、【不良】や【ギャル】って言われる子たちは部活の推薦で来る事が多い。

運動部もそこそこハイレベルだけど、音楽系や美術系の部活は全国レベルで結果を残してくるぐらいの有名な高校。


私は小さい頃からピアノを【聴く】のも【弾く】のも大好きだから、音楽系でレベルの高いこの学校に通いたかったんだ。





ちなみに、そんな私の中学時代の成績は…


5教科は、平均で5段階評価の【3】か【4】。

音楽…【5】

美術…【4】

家庭…【3】

体育…【2】


…って、感じかな。(笑)


私は【コツコツ勉強する派】だってよく言われるし、パパが塾の先生だから分からない所があれば教えてくれる。
だから、“人並みに勉強はできてる方かなぁ”と思ってる。


じゃあ体育が【2】なのは、何でかって?


それはママの影響だと思う…。

私のママは、元プロのピアニストで音楽の腕は冴えまくってるけど、運動は冴えないの…。しかも、ちょっと【天然】だしね。(苦笑)


それが私に遺伝しちゃったみたい。(苦笑)


そんなママの、現役引退後の仕事…
つまり、今の仕事は音大のピアノ科の先生。

ちなみに、私のお姉ちゃんもその大学に通っていて、もうすぐ大学2年生になる。

【奏者育成学部】の【ピアノ科】っていうところに、お姉ちゃんは在籍してるんだけど、そこの科の先生って…

何気に、うちのママなんだよね。(笑)

パパ似のお姉ちゃんは、妹の私の言うのも変だけど美人だから…モテる。
しかも、【何でもそつなくこなしちゃうタイプ】だから、ピアノも私より巧い。

それに対して、私はパパとママ両方に似たみたいで、顔に関しては“美人とも可愛いとも言える顔立ちだね”って、ビミョーに子供扱いされちゃうタイプ。

…なんか、ちょっと切ない。(苦笑)

幼顔なのと、運動音痴なのは、ママ譲りだからどうしようもないんだけどな…。


ちなみに、私とお姉ちゃんの仲は至って普通。
相談に乗ってくれる時もあるし、人並みにケンカする時もある。

でも何だかんだ言って、私の味方をしてくれる優しいお姉ちゃんだ。

< 1/ 80 >