ケータイ小説 野いちご

《短編》春夏秋冬




夏になった。



私たち4人はそれなりだった。

“それなり”としか表現できない。


4人でいることもあれば、それぞれ別々に楽しむこともある。


それを寂しいと思う私の意に反し、それはそれで普通に上手く毎日が進んでるから。

ナツの言う通り、『そういうもん』なのかもしれないけれど、でもそう思わされることにも少し腹が立って。



ほんと、何だかなぁ、だ。



「ねぇ、夏休みどうする? 4人でどっか行かない?」


美冬は前のめりに目を輝かせて聞いてくる。



「俺バイト」


いきなり身も蓋もないことを言うナツ。

「は?」と、美冬もさすがにご立腹そうだった。



「朝も昼も晩も? 1日も休みなし?」

「まだシフト出てねぇもん」

「うわー。空気悪くなった。いるよねぇ、こういうやつ」

「美冬さぁ、それは俺に喧嘩を売ってるわけだ?」

「まさか。嫌味を言ってるだけよ」

「やだねぇ。怖い、怖い」


美冬はこめかみに青筋を走らせているが、ナツは涼しい顔だった。


ナツは夏休みに私たちとはしゃぐ気はないのだろうか。

それとも夏休みまで私たちと一緒にいたくないってこと?



「晃は?」

「いいんじゃない?」

「何がよ」

「まぁ、適当に? 予定が合えば遊べるし、合わなきゃしょうがない」


いや、そうなんだけどね。

ナツといい、晃といい、男連中はもう少しやる気を出してほしいものだ。

< 18/ 69 >