ケータイ小説 野いちご

桜の下で

プロローグ

桜の花が咲き誇る、暖かい季節。


私たちの出会いは、一つの“桜の木”の下でした───



「 はじめまして 」


「 君も、新入生?

  俺と一緒だな! 」


「 これから、
 
    宜しくね─── 」

< 1/ 8 >