ケータイ小説 野いちご

神様の決断

裁きの始まり

神様 もう見過ごすことは出来ません。そんな怒りを含んだ声が天界に響きました。神様 人間は何を勘違いしてのですか。悪しき風習や伝統を守り儀式を続け村を守る。その為に儀式の犠牲になり村人が苦しむ仕方ない。それが巫女や村に伝わる偉い役職に選ばれた者のお役目で選んだ村の神に喜んで貰え村や一族を存続出来る。笑わせてくれるわ。そんな事は私も含む今、この天界に住む神の誰も望んでおらぬ。神に仕える者達よ。よくお聞きなさい。今、この時より悪しき風習や伝統による儀式は一斉廃止し説得におじぬ人間には裁きを下します。でも事をなすのは簡単ではありません。村人に味方する神々の妨害があるでしょう。でも我々は必ずや事をなさねばなりません。悪しき儀式を受け入れさられ苦しめられ者達をもうだすぬ為に。神の使い 神様、準備が整いました。神様 そうですか。では早速最初の村に

< 1/ 1 >