ケータイ小説 野いちご

黒ふわ王子の愛し方

さくちゃんの祥悟くん。
∞....






「ねぇ、祥悟くん。」



「なにー?」



「今日で2ヶ月だね、祥悟くんが告白してきてくれてから。」





あ…そうや。




忘れるとこやった!






「はい、これ、さくちゃんに。」




「え?」





ブレザーのポケットから出してさくちゃんに渡す。





…喜ぶんかなぁ…?





「わあぁっ、可愛い!祥悟くん、ありがとう!」






華が咲いたみたいな笑顔で喜んでくれたさくちゃん。





かわえぇなぁ…。





「こんな喜んでくれんのやったら、作って良かったわあ。」




「えっ!?これ祥悟くんが作ったの!?」




「あ、デザインしただけやでー?」









ジーッとあげたブレスレットを見つめとるさくちゃんに惚れたんは、さっきみたいな笑おた顔やったなぁ…。





友達と話してるときの、楽しそうな顔。





あかん、惚れたって



初めてみた時から、ずっと目で追っててん。









< 17/ 20 >