ケータイ小説 野いちご

俺様社長は左手で愛を囁く

2.冬美の過去
冬美side

仕事、仕事、仕事・・・

午後は仕事にただただ没頭した。

・・・

それなのに、

ふと気を抜くと、

翔のあの顔を思い出す。

・・・

私へ向けるあの眼差しを…

・・・

ダメ、ダメ。

私には先輩がいる。

姿かたちはなくても、

私の心の中にちゃんといる。

・・・

大きく深呼吸をして、

また仕事に戻る。

・・・そんな時、

デスクの上に、部下の女の子が、

コーヒーが入ったカップを置いた。

「早乙女部長、無理しないでくださいね?

私が出来る仕事は何でも手伝いますから、

何でも言ってください」

そう言って微笑んだ。

私はお礼を言い、

でも大丈夫だと告げた。

・・・

そう、いつもの仕事量。

疲れるはずないんだから。

< 40/ 265 >