ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~

-弐-
ピンチに直面!



-妃芽side-


「おい、妃芽…お前はどんだけ俺を疲れさせたら気が済むんだ…!」


はい、またしても当麻が運転するバイクに乗っています☆


「んー、当麻が死ぬまで?」


「おい!縁起でもねぇこというなよ!」


当麻ならこんぐらいじゃ死なねぇだろ!


ま、当麻だからな!大丈夫だ!



「あ、そこ左なー」



家まで送ってくれるらしいです


送ってもらっても結局あたしは今から出かけるんだけどね


ん?どこへって?


もち!バイクで暴走しに☆

いかにも暴走族っぽいでしょー♪


でも、ケーサツには捕まらんようにしないとね


暴走族ってだけであたしらは捕まえられる対象だから


暴走族の中にはもちろん悪い奴らがわんさかいる

薬やったりなそうゆう奴らもいるが


あたし達はそいつらとは違う


一般人でも困ってたら助けるし?


見た目はチャラチャラしてるかもしれないけど

これがあたしらの守るべきものなんだ



< 105/ 402 >