ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ブラック プリンセス Ⅱ

悪魔の倉庫訪問





「邪魔しないでよね。もし隼人君たちに私のこと行ったりしたら、あの写真ばらまくから。」



私に微笑んで
そう言う瑠璃。



まわりから見たら
仲良く話してるように
見えるだろう。



瑠璃も私も
演技はうまい方だから…




校門には
車が止まっていて
皆、もう入っていた。




「入るよ。」



瑠璃にそう告げて
車のドアを開けた。



私が入ったあとから
瑠璃も入ってくる。





< 58/ 110 >