ケータイ小説 野いちご

冷たい王子は私の彼氏

初めてのお泊まり
冷たい王子11




ーーーーーーーーーーーーーーーー



お風呂のあと、横田くんのTシャツとスウェットを借りた。


のは、いいのだが……




デカイ!!!!

こりゃーーデカイ!!!!



スウェットなんて、足が出てこないほど。


横田くん…足長すぎる。羨ましい。





「佐々木ー、着替えた?」



「はーい!」




「はいるよ?」



横田くんのその声で
脱衣所の扉が、開いた。




「横田くん!」



横田くんは、目を見開いて




バタン。





脱衣所の扉を閉めてしまった。






< 287/ 334 >