ケータイ小説 野いちご

冷たい王子は私の彼氏

通じ合う二人。
冷たい王子10




ーーーーーーーーーーーーーーー


キーンコーンカーンコーン



帰りのチャイムが鳴った瞬間

私は教室を飛び出して横田くんの元へと向かった。




「横田くーん!一緒に帰ろー!」


とびきりの笑顔でそう言うと


「悪い。今日先生に呼ばれてる。」

という、なんとも私にはショックな報告が待っていた。
でも、

残念そうな顔をする横田くんを見ると





「マジかー。それなら、仕方ないね!」


許してしまう。


「ごめんな。」



「ううん!ぜーんぜん!」




昨日の遊園地…

最後のキス


あーーーーー!考えただけで体が熱くなる!本当に、横田くんには慣れない!!




「どうした?佐々木。」



「えっ、え?なにが!?」



もしかして、横田くんに今考えてることバレた!?

そ、それはないよね…


でも、横田くんならあり得るかも!!


< 225/ 334 >