ケータイ小説 野いちご

冷たい王子は私の彼氏

通じ合う二人。
冷たい王子9



横田くんが、私の体が好きって言ってくれたから…。自信が持てた気がした。
やっぱり、好きな人に自分を認めてもらえるのは…何よりも嬉しいこと。そう、改めて思った。

横田くん…大好きだよ。




ーーーーーーーーーーーー





「横田くん、デートしたい!!」


「……。」


「ねぇぇぇ!!ダメ!?」


「……いいよ。」



「やったぁぁ!!横田くん、大好き!」


「…はいはい。」




こんなことが、あって私達は今!遊園地に来ております!!






< 193/ 334 >