ケータイ小説 野いちご

冷たい王子は私の彼氏

あなたの正体
冷たい王子1



「ねー。横田くん!」


「・・なに。」


「一緒に帰ろうよーう。」


「嫌だ。」



「・・・・。」



一緒に帰りたいと言った私を残したまま一人で帰ってしまった彼。


これでも、私の彼氏です。
名前は、
横田まことくん。通称…"冷たい王子"
高校二年生、同い年です。
とても冷たいけど、とてもカッコいい。
そんな、横田くんのこと
私は大好きなんだけど
横田くんは、

私のこと好きじゃないみたい。








< 1/ 334 >