ケータイ小説 野いちご

それでも彼が好き

風邪


会社に入社してしばらくたった頃、日頃の疲れからなのか、今日起きたら、喉が痛かった。


会社で仕事していると、私の隣の席で、雅が咳き込んでいた。

「雅。大丈夫?雅も風邪?」

雅は顔色が悪く、辛そうだった。

「雅もってことは、雫も風邪?」

私も朝よりも体調が悪くなり、しんどい。

「うん。」


「佐伯さん、雨宮さん、あなた達顔色が悪いから、医務室に行ってきなさい」

上司に言われた。

限界だった私達は、医務室に行った。





< 11/ 51 >