ケータイ小説 野いちご

“またね。”

第1章+始まり+
溢れる想い


「で、結局『好き』とかはなかったの?」

「…いや…うん」

休み明けの朝、さっそく伊織の呆れ顔。

いつものように足を組み、おまけに今日は腕まで組んでいる。

「それってさあ、ほんとに遊ばれてるんじゃないの?」

遊び?

「思わせ振りなことして『好き』とか言わないなんてさ、そんなのただのキープじゃん」

眉間にしわを寄せ、伊織は容赦なく続けた。

「あたし、そういうの嫌だ。なっつが傷つくのなんて見たくないよ」

伊織の言っていることは正しいのかもしれない。

でも。



大輔の瞳や言葉が

どうしても頭から離れてくれない。



大輔のことは、まだ何も知らない。

両想いかと聞かれたら、それはわからないし

何より自信がない。



でも、大輔は……

遊びとかキープとか、そういうことをする人じゃないと思う。

決して菜摘は特別とか自惚れてるわけじゃないけど

そういう人じゃないって信じたい。



< 60/ 407 >