ケータイ小説 野いちご

“またね。”

第1章+始まり+
小さな奇跡


「だからさ、ほんっとにヤバかったんだって!」

「わかったってば。1週間もずっと同じこと言わないで!」

体験入学が終わってから早1週間。

菜摘は未だ興奮を抑え切れず、『山岸』の話を伊織に毎日繰り返していた。

「だってさ、ほんっとにヤバイくらい…」

「好みだったんでしょ?わかったってば」

伊織は毎日同じことを言い続ける菜摘にだいぶ呆れ気味だ。

まあ菜摘が逆の立場なら、3回目でうんざりすると思うけど。



「でもさ、かっこいいのは充分わかったけど、結局どうなったの?」

伊織には『かっこいい人がいた』としか話してない。

どう説明しようか迷いながらも口を開いた時、横から遮られた。

「固まったあげく顔真っ赤になっちゃって、話すことすらできなかったんだよ。ねー?」

割り込んできたのは隆志。

ニヤニヤしながら、菜摘の肩をポンポンと2回叩く。

…近くにいなかったはずなのに、どっから出てきたんだか。




< 15/ 407 >