ケータイ小説 野いちご

いけないアルバイト Vol.1

オフィス

 短期間限定だったが、日給二万円に魅せられて私はアルバイト契約をした。 
 
 20階建てビルの8階から10階にフロアを持つこの会社は、所謂、世間でいうIT企業というものであり、この数年でメキメキと頭角を現した急成長の注目株である。

 私を面接したのは、専務と常務の二人で、アルバイトごときの面接に、と驚きを隠せなかった私は、「人事部の方は?」と思わず聞いてしまったほどの出来事であった。

< 12/ 32 >