ケータイ小説 野いちご

幸せになるために

100点満点を目指さなくてもいい



他人と比べて「自分はまだ努力が足りないんじゃないか」と自分の仕事に対する姿勢や日常生活を悲観し、「自分は中途半端でダメな人間なんだ」と落ち込むことがあります。


実は、そう思うことは素晴らしいことなんです。


なぜならそれは、向上心が強い証拠。勤勉性が高いがゆえに生じる思いだから。


向上心が強いことは、悪いことじゃない。


けれど私たちは「もっともっと」と叱咤激励されることはあっても、「ここまでよくできた、十分だよ」とほめてもらったことがないんです。


だから、自分には向上心があることを感謝しつつ「これまでよく頑張った」と自分を受け入れ、ねぎらってあげましょう。







< 2/ 29 >