ケータイ小説 野いちご

花簪 ーはなかんざしー

背中の微熱




…シャキン


眉に触れるか触れないかの絶妙なラインが、繊細な指から生まれる。

心地良い、緊張感。


「… よし」


満足げに呟いて、貴方は必ずこう言う。


「世界で一番、可愛いよ。」


それから両肩に手を置いて


「僕の、お姫様。」


後ろから抱きしめるように言う。


愛おしげに発するその言葉が、魔法使いの最後の仕上げ。

これで私は
世界一の、お姫様になれる。




< 1/ 7 >