ケータイ小説 野いちご

【完】王子様の甘い溺愛

1st―王子様は突然に―
素顔はどっち?



次の日の朝、至って普通に登校した私は、いつも通りに教室へ入る。


ただ、教室に入った途端に、いつもの日常とは違った光景が広がっていた。



「雪人〜この問題わからないー」



「……あぁ、ここは……」



雪人の隣の席に座っている美咲花蓮さんという女の子。


二人は肩を並べ、くっつきながら宿題を解いている最中だった。


< 41/ 356 >