ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

5.決着の時

コンペも最終段階。

私以外の社員も、

遅くまで残業。

おかげで、東条部長とも

2人きりになる事はなかった。

・・・

「お疲れ様でした」

午後0時。

仕事が終わり、

それぞれの家に帰ろうと、

会社の外に出ると、

・・・

「夏樹」

私を呼ぶ巧の姿。

・・・

皆は驚き、私と巧を交互に見た。

『真鍋部長と、どういう関係?』

・・・

一人の社員に言われ、

困った私は、巧を見つめた。

「大久保夏樹は、私の妻だ」

・・・

今まで隠してきたのに、

ここで発表するとは…

ただでさえ、コンペ中で、

海外企画部と企画部は、ライバルだと言うのに。

< 93/ 213 >