ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

3.意地悪上司と2泊3日

・・・

十分すぎるくらい

愛情を満タンにした私は、

happyな気分で仕事に・・・

・・・

義嗣に任されていた仕事も、

何とか無事に仕上がった。

・・・

これで部下としては、

ちゃんとできる・・・

「おはようございます」

「・・・おはよう」

・・・

昨日の事は、

何もなかったような顔で、

義嗣に挨拶をした私。

・・・

義嗣はそんな私を見て、

クスッと笑った。

「な、なんですか?」


「昨晩は、

真鍋と熱い一夜を送ったって、

顔に書いてあるぞ?」


「・・え?」

その言葉にあからさまに反応してしまった私。

< 37/ 213 >