ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

2.意地悪上司現る
巧side

『私と二人きりなのに、

男に電話か?』

・・・

その声を最後に、携帯は切れた。

・・・

呆然とするオレ。

・・・

今の男の声には聞き覚えがある・・・

・・・

そうだ。

夏樹の上司、東条義嗣。

・・・

オレと同期の奴で、

仕事も出来るから、

夏樹の事を託しはしたが・・・

今の電話は、

ちょっと、いや、かなり、

意味をはき違えてるらしい・・・

・・・

義嗣には、

夏樹と結婚してる事を

まだ報告してなかったな。

・・・

イヤな予感がしたオレは、

取引先から直帰する予定を取り止め、

会社に戻る事に・・・

< 22/ 213 >