ケータイ小説 野いちご

龍蝶

出会い



seid:陸




「遅ぇ・・・・」




皇ヶ崎高校の理事長室。



俺は我慢できずにつぶやいていた。






「何時に来る予定だったんだ?」





黒髪を揺らして聞いてくる誓。




「・・・・・・・・決めてねぇ」





「・・・・そりゃぁ、文句言えねぇな、陸」





いや、フツーよ8時くらいには来るだろ。



今、もう9時過ぎたぞ!?




栞ちゃんだって来てんのによ。




ってか、迎えに行ったんだけど・・・





「佳乃のことも迎え、行けたら良かったんだけどな・・・」





茶髪にした嵐士が言う。




その言葉に胸が苦しくなる。





< 43/ 173 >