ケータイ小説 野いちご

龍蝶

ありがとう




無駄に広く大きい保健室で、龍夜の声が響いた。


痛いくらい、耳に響いた。




なんとも思ってない?



後悔しない?





「・・・・ぃ」





栞と初めて喋ったとき。


栞が泣いてる時。


幸せそうに笑う栞。




いつも、隣に居た栞。





「そんなわけ、ないじゃないっ!」





目を見開く5人を見てられなくてうつむいた。


塵一つ落ちてない床で染まる視界。




あぁ、もう

どうしてだろう




どうしてコイツ等の前だと失態ばかり曝しちゃうんだろう。




「いいわけないいじゃないっ・・・後悔しないわけ、ないでしょっ!!」




それでも、ウチはどれだけ痛めつけられてもいいから


苦しんだって、笑えなくたって


どんなになったて




「それでも守りたい存在なの・・・っ!!」






< 152/ 173 >