ケータイ小説 野いちご

龍蝶

想い













ほら、やっぱり傷つけてしまうんだ。




何があっても守りたい人なのに―――――――
















< 130/ 173 >