ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

わがまま猫男子いりませんか?

ひどくなるイジメ
心のキズと身体のキズ


あの日から、一ノ城さん達はあたしを倉庫に閉じ込めるようになった。

龍は大会が近いため、休み時間は部活のメンバーでいることが多い。

遥斗君は遥香先生のお手伝いで休み時間は教室にいない。


そうなると、必然的にあたしは一人の時間が増える。

他の友達がいないわけではないけど、龍達と、いや一ノ城さん達と関わるようになってからは、話し掛けてこなくなった。


誰だって一ノ城さんの標的にはなりたくないもんね。

そう考えると、あたしと関わらないことが賢明に思えた。


< 73/ 88 >