ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

わがまま猫男子いりませんか?

猫男子は甘党男子
俺の日課~龍Side~


授業と授業の間の休憩時間、俺はいつものように隣の女を見る。

それに気付いた彼女は顔を綻ばせて言った。

「龍、お菓子食べる?今日はカップケーキだよ」

「うん、食べる」

俺が返事すると、彼女はカバンの中からカップケーキを取り出し、俺に差し出す。

俺は受けとると、包みを開けて口に入れた。

彼女は中島綾菜。

俺の隣の席だ。

甘いものが大好きな俺のために毎日お菓子を作ってくれる。

まぁ、俺が命令して始めたことなんだけどな。

だって、綾菜の作るお菓子はうまいから。

綾菜のうまいお菓子で、ダルい授業を乗りきる。

これが最近の俺の日課だ。


< 23/ 88 >