ケータイ小説 野いちご

イジワル男子の愛情表現

君は人気者



そうきたか。


人が徐々に素直なろうと決めた瞬間これだ


「ねぇねぇ茉奈ちゃん?


篠くんの事は好きじゃ無いんだよね?」


クラスのよく篠の周りにいる女子達。


その中でショートヘヤーでパーマが似合っている

小山みやびちゃんが言った


「私ねっ…篠くんの事好きで!!

茉奈ちゃんに協力してほしいの」


みやびちゃんは顔を赤らめた

ちっちゃくて、守ってあげたくなる様な

そんな女の子。


< 70/ 324 >