ケータイ小説 野いちご

痛い恋なのかな?

痛い恋なのかな?

 明晰夢。
 夢だと分かって見る夢。
 俺がいま見ている夢がそれだ。

 思い出したくない高校三年の夏。
 忘れられないあの『失敗』の夢。
 最悪の夢だ。

 ――グラウンド。
 歓声を上げる相手チーム。
 泣き崩れるチームメイト。
 俺は何もできず、何も言えず、ただ突っ立っていた。
 後になって、これが「呆然」ということなんだと知った。
 そんな中で、頭の片隅ではやけに冷静に「3秒後には泣くだろう」と自覚していた。

 涙腺が限界を超える寸前、観客席にタマを見つけた。
 タマも俺の方を見ていた。
 心配、同情、そんな表情。
 そんな顔をするなよ。
 いつものようにからかってくれた方がましだった。

「ポチが負け犬になっちゃった。名前通りに!」

 ……とか、おまえなら笑いながら言いそうじゃないか?
 兄妹同然のおまえに泣き顔なんか見られたくない。
 泣けなくなっちまった。

 このままでもしようがない。
 どうしよう?
 とりあえず、手でも振っておこうか。
 でも、どんな顔をすればいいだろう。
 
 作り笑い?
 無理だ。
 無表情?
 変に思われる。

 それに、手を振ったらなんだか泣いてしまいそうだ。
 タマにだけは見られたくなかった。
 俺はくるりと背を向けて歩き出した。
 どうにかベンチの裏まで、タマに見られないところまで、泣き崩れないように歯を食いしばる。
 たどり着いた時には奥歯の感覚がなくなっていた。
 ゆっくりとあごの力を抜いたら、なんでか、涙線まで緩んじまったよ。

< 1/ 7 >