ケータイ小説 野いちご

私の冷たい年上彼氏

通じた想い
【亮一side】






「んん...」





唇を重ねると、甘い声を漏らす理紗。






やばい...、もう止まんねぇかも。






俺は、角度を変えながら、理沙に甘いキスを落としていく。






理沙は、熱い体をぐったりさせながら、俺に寄り掛かってきた。





そういえば...、熱あるんだっけ。





俺は唇を離して、理沙の体を支えた。






呼吸が大分乱れている。





ちょっとし過ぎたか...?





ていうか、こいつ...、軽すぎだろ。






ちゃんと食ってんのか?











< 32/ 42 >