ケータイ小説 野いちご

<短>君を想う心

タイトル未編集




お母さん、ごめんなさい


私なんか産まれなければお母さんはきっと幸せだったよね…

私が産まれたせいで…

なんで…

なんで、私はこの世界に降り立ったのだろうか

もし、神様というものがいるならば

それはきっと…

とても残酷な人なのでしょう


私に幸せはないのでしょうか…

< 1/ 10 >