ケータイ小説 野いちご

若き店主と囚われの薔薇

第二章
方法、届け屋、月夜のうた



『クエイト様にもう一度会うまで、この世界で生きていく』


そう決意してから、二ヶ月が経った。

私は毎日朝と昼と晩に一回ずつ、井戸へ水を汲みに行く。

テンやエリーと話しながら、丸太に座って客が来るのを待つ。

エルガの奴隷屋で過ごすのにも慣れ、戸惑うことも少なくなった。


数日に一度、クエイトの夢を見る。

彼との思い出だったり、言葉だったり、内容は様々だけれど。

ハッと起きて、暗いテントの中を見回す度に、私は思う。


早く、早く。


クエイトの邸へ向かうための、手段を見つけなければ。



このまま、売り物としてここで過ごすなんて、嫌だ。

生きるために奴隷となって、エルガを利用する。

そう決めたものの、じっとなんてしていられない。

私は少しずつ、確実に、気づき始めていた。


自分で探さなければ、ここに私の望む機会は巡ってこないのだと。




< 58/ 172 >