ケータイ小説 野いちご

若き店主と囚われの薔薇

第一章
恐怖、彼、薔薇の宝石



初めて、あの方以外の前で自分の名を口にした。


テンに手を引かれて他の子供達の横に座ると、エルガと名乗った彼がパンを差し出してくる。

数日ぶりに口にした食べ物は、お世辞にも美味しいとは言えなかったけれど。


私は、泣きながらそれを食べた。


初めて食べたはずの乾いたパンは、何故か懐かしい味がした。

固いパンを噛む度に、ああ自分は今ここに生きているんだと実感して、涙があふれた。


クエイトは、ここにはいない。

心を捧げていた相手は、ここにはいない。


けれど私は、生きている。


信じられなくて、認めたくなくて。

これは夢だと思いたくて。


彼が私を捨てたなんて、何かの間違いだ。

今もそう思っているのは、事実。

だって私は、本当に彼に愛されていたから。


それでも、私が今彼のいない空間で生きているのも、紛れもない事実だった。



「あ。おはよう、ロジンカちゃん」


朝の光が、奴隷達のテントへ射し込んでいる。

声に目を開けると、微笑んだテンの顔が、視界に広がった。




< 32/ 172 >