ケータイ小説 野いちご

【完】素直になれよ。

▶第3章
「嫌い…嘘。」…衿華side





───────…



「お待たせ~」


今日は約束の土曜日。


大きなショッピングモールの入り口で

今小走りでこちらにやってくる紗希を私は30分以上も前から待っていた。



「相変わらず遅いよ紗希は。」

「待ち合わせ時間から10分しか過ぎてないでしょうがっ!」



5分前行動なんて当たり前。

余裕を持って行動する私と、対照的な紗希は時間にルーズ。


「まぁいいよ、お腹空いたからなんか食べよ。」


ケータイで時間を確認すると
もう刻はお昼を示していた。



「あそこのカフェにしない?」




紗希に強引に腕を引っ張られて連れてこられたのは


明るい茶色の壁の大人な雰囲気のカフェ。




< 76/ 397 >