ケータイ小説 野いちご

新選組と不思議な力の少女

第六章【崩壊】





紅「沖田さんの労咳が進行しています」




歳「!!!なんだと!?」





紅「それは思った以上でした。多分池田屋の事件の時から発作が何回かあったでしょう。」




歳「何回もあっただと?」




紅「はい。沖田さんが大丈夫と何回も言っていましたから」




歳「あいつっ!なんで隠してた・・・・」




紅「沖田さんの意地でもあるし気遣いでしょう。」







歳「気遣い?」



















< 145/ 246 >