ケータイ小説 野いちご

初恋みくじ【短】

初詣

─1月1日、00時13分


<ねーねー、一緒に初詣行かないー?親同伴だけど、合流しちゃおうよ♪>


「いいよいいよ!じゃあ神社でねー」


わたし、渕東 美桜(エンドウ ミオ)は友達の美南(ミナミ)からの電話でテンションが一気に上がった。


美南の家とわたしの家は家族ぐるみで仲がいいから、きっと大丈夫だ。


わたしは心を弾ませながら、お母さんの元に行った。


「お母さーん、美南から一緒に初詣行こーって」


「そうなの?じゃあ、母さんたちも行こうかな。お父さーん、初詣行くわよー」


遠くからお父さんの返事が聞こえた。


「あと理桜(リオ)もねー!」


理桜とは、わたしの2つ上の、高1の姉だ。


さっそくわたしは準備をして、家族で神社に向かった。

< 1/ 12 >