ケータイ小説 野いちご

もう泣かないよ

★THREE★
★花火大会




 赤、青、緑。

 いろんな光が闇夜を明るく照らした。

 大きな音が静寂を打ち破る。

 八月、私は江の島花火を見に来ていた。たった一人で。

 去年まで隣にいてくれた奏太は、もういないから。

 私はため息をついた。元気を出さなきゃ、ってことはわかってる。

 でも、どうしても元気は湧かなくて。

「海」

 名前を呼ばれて振り向いた。

「あ」

 私は声を上げた。私の後ろに立っていたのは、幸助だった。


< 53/ 96 >